プロペシアとミノキシジルは似ているようで違う

プロペシアとミノキシジルはどう違う?

AGA治療薬としてすぐに思い浮かぶのがプロペシアミノキシジルです。

AGA治療の専門クリニックには必ずといっていいほどある絶大な人気を誇る薬ですが、この2つの薬がどう違うのかをしっかりと理解している人は少ないでしょう。

薬の特徴を把握しておくことで、適切な治療を受ける近道になります。
ただ闇雲に、効果があるとされている薬を使用すればいいというものではありません。

一緒に勉強して、しっかりと違いを理解しましょう!

プロペシアとミノキシジルの効果の違いは?

理解する

プロペシアの主成分はフィナステリドですが、もともと前立腺肥大の治療薬として開発されました。
その効果はズバリ、脱毛の抑制です。

男性ホルモンであるテストステロンが、脱毛の原因であるDHTに変わってしまうのを防いでくれます。
つまりこれ以上の抜け毛を踏みとどまらせてくれる、というわけですね。

したがって、

プロペシア=「現状維持型」

の薬と言っていいでしょう。

一方、ミノキシジルはもともと高血圧の方のための血管拡張薬として開発されました。
こちらは内服薬と外用薬の2種類があり、どちらも髪の毛を成長させる効果があるとされています。
直接、毛母細胞に働きかけることによって毛母の細胞分裂を活性化させ、髪の毛を成長させることができるようです。

したがって、

ミノキシジル=「毛髪促進型」

の薬と言えそうですね。

ただしAGAの頭頂部にのみ効果があり、M字ハゲの額の生え際には効果があまり期待できませんので注意が必要です。

プロペシアとミノキシジルの副作用の違いは?

効果と同じように気になるのが副作用です。

プロペシアの場合、副作用としてまずあげられるのが肝機能障害です。
「肝機能障害」は目だった自覚症状が出にくく、なかなか気付きにくいので厄介です。

体のだるさや倦怠感、全身に黄疸が出た場合は肝機能障害を疑ったほうが良いでしょう。

最悪「肝不全」になることもあるので、定期的に血液検査などを受ける必要があります。
とは言っても、その罹患率は0.2%程度。

確率はとても低いですが、ゼロでない限りやはり普段から気をつけておきたいところです。

他に性欲の減退、EDなども考えられます。
これは男性ホルモンが薬によって抑えられた影響によると考えて間違いなさそうです。
もちろん、服用すれば必ず副作用が出るというわけではありませんので、必要以上に神経質になることはないでしょう。

一方、ミノキシジルは外用薬としては頭皮の「かゆみ」や「かぶれ」が第一にあげられます。

内服薬では動悸や胸の痛み、ほてり、頭痛、そして多毛症が見られるようです。
発毛効果が期待できる薬ですので、頭部だけではなく全身が毛深くなるのも当然といえば当然かもしれませんね。

プロペシアとミノキシジルの価格の違いは?

お金

薄毛治療にあたって、「なるべく安く済ませたい!」と誰もが思うものです。

髪の毛の少なさに追い詰められていたのが、いつの間にか懐事情の寂しさに追い詰められていた・・・なんてことになったら元も子もありません。


プロペシアの場合、クリニックで処方してもらうと1ヶ月6000円ほど。
それに初診料3000円~5000円が合算されて約1万円ほどかかってしまいます。


             

処方薬 6000円
初診料 3000円~5000円
合計9000円~10000円


しかし個人輸入代行サイトで購入すれば、1ヶ月5000円~6000円ほどで済むようです

半分ほどの費用ですので、一定期間の使用が必要なAGA治療薬としてはかなり大きな差です。
しかも、ジェネリック医薬品であれば1300円ほどで購入できますので、クリニックで処方してもらうより断然お得です。


一方、ミノキシジルの場合、ドラッグストアなどで販売されている外用薬であれば6000円~8000円ほど。
内服薬(ミノキシジルタブレット)をクリニックで処方してもらうと1ヶ月7000円~10000円ほど。
それに初診料3000円~5000円が合算されて10000円~15000円ほどかかる計算です。


処方薬 7000円~10000円
初診料 3000円~5000円
合計10000円~15000円


しかし個人輸入代行サイトで購入すれば、1ヶ月1000円ほどで済んでしまいます。

高級焼肉店で満腹まで食べるのと、ラーメン屋さんで1杯のラーメンを軽く食べるくらいの差があります。それを何ヶ月、何年という単位で使用するとなると経済的負担の差はかなり大きなものになるでしょう。

プロペシアとミノキシジルは併用できるの?

握手

プロペシアとミノキシジル。

どちらも薄毛治療薬としては多くの実績を残してきた有能な薬ですが、「併用したらどうなるのか?」という点が気になるところですよね。
そのまま効果が2倍になるのか、それとも互いの効果が相殺されて副作用だけが出るのか・・・。


結論から言うと、


併用しても大丈夫!


むしろ、多くのAGA専門のクリニックでもプロペシアとミノキシジルの併用を積極的にすすめているくらいなのです。
もともと両者の薄毛に対するアプローチの仕方がちがうので、お互いの効果を打ち消しあうことはありません。


プロペシアの場合、これ以上抜け毛を出さないようにブレーキをかける現状維持型
そしてミノキシジルの場合、髪の毛を成長させるように促す毛髪促進型


つまり抜け毛を減らしながら発毛を促すので、薄毛に対する効果は少しも減殺されることなく頭皮を活発に生まれ変わらせることができるのです!

お互いに違う役割を持ちながら、頭皮に対して働きかけてくれます。


しかし、人によって体質は違うものです。

当然薬の受け止め方も違いますので、併用することで何らかの体調の変化を訴えないとも限りません。
よく「言葉の薬」といいますが、人によって心に響くこともあればまったく響かないこともあります。

それは本物の薬でも同じことなのです。

注意しなければいけないのは、当然のことながら副作用があるという点です。
服用すれば必ず副作用が出てくる、というものではありませんが、どうしても心配な方は自分の薄毛の進行状況を見ながらまだ脱毛を予防するだけでいいのか、髪の毛を成長させて発毛促進させたいのかをよく見極めたうえで、どちらを使用するのが賢明か判断するほうが良いでしょう。


プロペシアとミノキシジル、飲んではいけない人は?

医師・ダメ

プロペシアとミノキシジルはAGA、つまり男性型脱毛症の治療薬として使用されています。
それなら、女性は使用してはいけないのか?
子供はどうなんだろう?


これらの点について、2つの薬は異なった反応を見せていますので、混乱しないように整理しておく必要があります。


まずプロペシアの場合、女性も子供も使用NGです。
服用はおろか、触れることさえも禁止されています。


なぜか??


プロペシアという薬にはDHTという男性ホルモンの分泌を抑える効果がありますが、女性が服用または触れてしまうことで、わずかに分泌されている男性ホルモンが完全に抑制されてしまうのです。

そうすると、女性が妊娠したときに男児の生殖器を形成させるのに必要なDHTがまったくない、ということになってしまいます(恐ろしい・・・)。


また同じような理由で、子供特に男児が触れるとホルモンバランスが崩れ、生殖器の発達に悪影響を与えてしまう可能性があります。


一方、ミノキシジルの場合は女性も子供も使用できます

ただし女性は、薄毛の原因がびまん性脱毛症(FAGA)の場合にのみ、薄毛への効果があらわれます。
FAGAというのはAGAの女性版のようなものです。


子供もミノキシジルは使用できますが、ふけやかぶれ、吹き出物、頭痛の要因にもなりますので、使用する場合は注意が必要です。

最近はストレスなどで、子供の抜け毛や薄毛も多くなってきました。
しかし、あわてて大人用のAGA治療薬をしようしてしまうと重篤な副作用を引き起こさないとも限らないので、成分などを見て慎重に使用するように心がけてください。


プロペシアとミノキシジルの正しい飲み方や併用禁忌薬は?

飲み水

プロペシアもミノキシジルも、厳密な飲み方の制限といったものはありません。
ただし注意点がいくつかあるので、それを守ることで薬は効果的にあなたの体の中で作用してくれるでしょう。

①1日に1錠はかならず服用する

1日1錠はかならず飲むようにしましょう。
しかし多く飲めば効き目があるというものではありません。プロペシアもミノキシジルも1日の摂取制限量が決められているので、それを超えてしまうと重い副作用を発症してしまう可能性があるので注意が必要です。


プロペシアの場合は1日1mg、ミノキシジルの場合は1日10mgが制限量です。
最初は少ない量を服用するようにして、だんだん摂取量を増やしていくようにしたほうがいいでしょう。

私はどちらも飲んだことがありますが、最初プロペシアの1mg錠を1日に2回飲んでいました。
数日服用したあとすぐに制限量を超えているのを知って0.2mg錠に変えましたが、そのまま服用していたら・・・と思うとぞっとします。


プロペシアもミノキシジルも服用する時間は決められていません。
食前でも食後でもいいのですが、飲み忘れを防ぐためにも毎日決まった時間に飲むのが好ましいでしょう。


私は毎日、朝食後に飲むようにしていました。
飲み始めた当初は何度か飲み忘れもありましたが、習慣化するとほとんどなくなりましたね。

②飲み忘れても翌日にまとめて飲まない

まだ飲み始めのときは、つい飲み忘れてしまうものです。


「どうしても髪の毛を増やしたい」
「このまま何もせずにハゲていきたくない」


そんな強い思いで飲み始めても、つい飲み忘れてしまうときがあるものです。
そんなときつくづく、「人間は忘れる生き物なんだ・・・」と思ったものでした。

前の日に飲み忘れたことに気付くと、翌日にまとめて飲みたくなりますが、絶対に止めてください
理由は1日の摂取量を超えてしまうおそれがあるからです。

ですからその日の分だけを飲むように心がけてください!

③飲酒後すぐには飲まない

お酒を飲むと、アルコールを分解するために肝臓に負担がかかってしまいます。
そのときにAGA治療薬を服用すると、さらに大きな負担が肝臓にかかってしまうおそれがあるのです。

またアルコールは血流を良くするため血圧がさがるとされています(日本酒1合以上飲むと逆に血圧が上がるようです)。

ミノキシジルタブレットの場合、もともと血圧を下げる成分が入っているため、アルコール飲酒前後に服用してしまうと血圧が下がりすぎてしまうこともあるため注意が必要でしょう。

プロペシアの主成分フィナステリドには血圧を下げる作用はないため、急な血圧の変化はあまり考えられませんが、飲酒前後の服用は極力避けたほうがいいでしょう。

④併用禁忌薬を知っておく


プロペシアについては併用禁忌薬はありません。
風邪薬と一緒に飲んでも問題はないとされています。

ただし薬理効果の強い薬と一緒に飲むのは、万一のことを考えて避けたほうが無難かもしれません。
飲み合わせで気をつけないといけないのはミノキシジルのほうです。


バイアグラ
スマトリプタン
イブプロフェン


ミノキシジルを服用しようとする場合、以上の薬と併用することはNGです!
重篤な副作用を発症することも考えられますので、日常的に飲んでいる薬の中に入っていないかどうか、確かめてから服用するようにしてください。

プロペシアの効果と副作用は?

私も長年お世話になったプロペシア。
とある通販サイトで見つけて以来、約5年ほど飲み続けましたが効果は確実にありました

もちろん効果には個人差はありますが、やっぱり飲み続けることで「ちゃんと体の中で薬が作用しているんだな」と実感できます。


その効果はなんといっても、細く柔らかくなった髪の毛が抜けるのを防いでくれること。

AGA(男性型脱毛症)にかかってしまうと、DHT(ジヒドロテストステロン)が分泌されてヘアサイクルが乱れた結果、抜け毛が多くなってしまいますが、DHTが分泌するのを抑制しその乱れたヘアサイクルを正常に戻してくれるのです。


そのため一時的に、細い毛が抜けてしまいますが、これは乱れたヘアサイクルの時期に育った髪の毛が抜けてしまうだけで、ヘアサイクルが正常に戻れば再び強く丈夫な髪の毛が育ってきますので安心してください。


副作用は肝機能障害、前立腺がん、乳がん、男性機能の低下などです。
中でもいちばん注意してほしい副作用は肝機能障害です。


効果の強い薬ですので、やはり肝臓に大きな負担をかけてしまっているようです。
肝機能障害の副作用が出る人はおよそ0.2%と言われていますが、悪くすると肝不全になることもあるので、体調に少しでも変化が見られたら医師に相談するほうがいいでしょう。

ミノキシジルの効果と副作用は?

頭頂部のハゲ

世界90カ国で承認されているだけあって、その効果は折り紙つきです。
内服薬と外用薬の2種類あり、どちらも血行を促進し、毛母細胞に働きかけることによって毛母の細胞分裂を活性化させて髪の毛の成長を促してくれます

薄毛の人たちにとってはとても頼もしい存在ですが、その効果は、


おもにAGAの頭頂部のみ


という限定つきなのがちょっと残念なところ。

   

生え際には毛細血管が少ないため、酸素や栄養成分が行きわたらずになかなか発毛効果があらわれにくいのです。

M字ハゲの方には申しわけないのですが(私が謝ることでもありませんが)、ミノキシジルを使用しても効果が実感できない可能性が高いことを知っておいてください。


またプロペシアと併用することによって、薄毛に対する効果はさらに大きいことも多くの人が実証してくれていますので、頭頂部が気になる方は併用することをオススメします。
円形脱毛症にも有効ですので、AGAでなくても抜け毛が気になる方も改善が期待できるでしょう。


副作用は外用薬の場合、肌に合わないと頭皮のかゆみが出るようです。
他にかぶれや湿疹もありますが、気になる場合はすぐに使用を中止したほうがいいでしょう。

内服薬(ミノタブ)の場合は多毛症、動悸、胸の痛みなどの副作用が考えられます。


また、服用後は初期脱毛が見られますが一時的なのであまり心配はいりません。
しかし、脱毛が続くようであれば薬が合っていない可能性もあるのですぐに使用を中止して医師に相談してください。

プロペシアとミノキシジル、結局どっちがいいの?

プロペシアは脱毛の抑制。
ミノキシジルは発毛の促進。

どちらも薄毛に対して大きな効果があることは既に説明しましたね。
それじゃあ結局、どっちを使えばいいの?と思う方もいるでしょう。

薄毛がどれくらい進行しているかで、使うべき薬が違ってきます。


AGAの進行
                    出典:ガーデンクリニック

薄毛初期プロペシアで脱毛を抑制して様子を見る

地肌がすけて見え始めた初期段階であれば、脱毛を抑制することで薄毛の進行がストップする人もいます。
しかし、抑えがきかず徐々にあらわになる頭皮の面積が広がってくる人もいます。


薄毛中期ミノキシジルで頭皮を刺激し、発毛を促進させる

あらわになった頭皮の面積が広くなり地肌が明瞭に見える中期の段階に入ると、もはや脱毛の抑制だけではおさえられないケースが多いので、ミノキシジルを使用してみましょう。
なるべく早めに服用することで効果も大きくなるので、迷ったらとにかく使ってみることをオススメします。


薄毛中期~末期プロペシアとミノキシジルのダブル効果で少しでも薄毛改善に期待する

中期の段階から併用すれば薄毛の改善が期待できます。
AGAが進行してすでに末期状態になってしまったら、たとえ併用したとしてもすぐに効果があらわれるわけではないことを覚悟したほうがいいかもしれません。

もちろん改善する見込みがないわけではないので、長いスパンで薄毛の改善にのぞむのが良いでしょう。


また、


「なるべく早く髪の毛を生やしたい」
「少しでも良いから薄毛を改善させたい」
「ハゲに対するコンプレックスを少しでもなくしたい」


そんな方は併用することをオススメします。

ただし、それぞれどのような副作用があるのか十分に理解した上で服用するようにしましょう。

プロペシアであれば肝臓や前立腺の持病がないこと
そしてミノキシジルであれば心肥大や心筋症などの心臓に関連した病歴がないことを確認してください

それらの点を確認したうえで、プロペシアだけを使用するのか、ミノキシジルだけを使用するのか、それとも併用するのかを決めましょう。