髪の毛を健康に保つために必要なこと5選

髪の毛の健康のために心得ておくべきこと

髪の毛の健康
                 

「体の健康」は「髪の健康」と無関係ではありません。

睡眠不足や偏食などの生活習慣の乱れ、ストレスの蓄積、長期的な運動不足がつづけば体の健康は徐々に損なわれ、抜け毛や円形脱毛症を併発します。
ひどい場合には頭皮環境が修復不能なまでに「不健康」になり、「ハゲ」てしまうことになります。

それでは不健康な髪とはどのような状態を言うのでしょうか?


・髪の指通りが悪い
・髪がパサついている
・髪にツヤがない
・抜け毛が多く、頭皮が露出している



原因は人それぞれで一概には言えませんが、乱暴なシャンプー、過度なパーマやカラーリング、ストレス、睡眠不足などが考えられます。

髪の毛自体に問題があればトリートメントなどで対処できますが、抜け毛などで薄毛に悩まされている人は、(遺伝は別として)頭皮に問題があることが多いようです。


頭皮がべトついている
頭皮が硬い


などの症状はその典型でしょう。

そこで、頭皮のトラブルを解消し、髪の毛を健康に保つにはどうすればいいのか。
誰でも簡単にできる方法を解説しましょう!

実践すればすぐに髪の毛が健康になる、というものではありませんが、髪の毛の問題が悪化して しまうのを未然に防ぐことがきっとできるはずです。

髪の毛の健康法①正しい食事をとる

正しい食事

髪の毛の健康の基本になるのが、なんといっても栄養のバランスのとれた正しい食事

コンビニの弁当や外食が多くなると、どうしても栄養のバランスが偏ってしまいます。
糖分や脂分の過剰摂取、ビタミン不足、ミネラル不足は特に体の健康を損なうもの。
まだ若ければ大きな影響は表にあらわれませんが、年齢を重ねて新陳代謝が悪くなってくると体の内側からいつの間にか蝕まれてくることになります。

栄養のバランスが偏れば体は当然のように不健康になり、それがやがて重大な髪の毛のトラブルにつながってくるのです。

それでは髪の毛に良い栄養素とは何か?


それはたんぱく質ビタミン亜鉛(ミネラル)の3種類。


特にたんぱく質は髪の主成分でもあるので、特に重要な栄養素です。
たんぱく質が不足すると、髪の毛はやせ細り、ハリやツヤがなくなって、抜け毛の原因にもなります

忙しい毎日を送っていると、食事は簡単にすませてしまいがちになります。
毎日のちょっとした心がけで、その後の髪の毛の健康寿命に大きく関わってきますので、食事は特に気をつけましょう。

髪の毛の健康法②育毛サプリを利用する

育毛サプリ

髪の毛に必要な栄養素は、すでに説明したとおり「たんぱく質」「ビタミン」「亜鉛(ミネラル)」でしたね。
すべて必要な要素ですが、髪の毛にとって特にポイントになるのがたんぱく質です。


なぜたんぱく質なのか?


それは、たんぱく質が髪の毛の95%を占めており、たんぱく質の不足がそのまま「髪の不健康」に直結してしまう最重要な栄養素だからです。

髪の毛のたんぱく質は18種類のアミノ酸で構成され、そのアミノ酸の総称をケラチンといいます。
ケラチンには「シスチン」、「グルタミン酸」、「グリシン」というアミノ酸が多くを占め、その中でもシスチンが髪の毛に大きな影響を与えているといわれています。

シスチンは牛肉や赤身魚から摂取できますが、毎日自炊することが難しい独身男性などは、十分にとることができないことが多いでしょう。
これら必要な栄養素が十分に摂取できないと、毛母細胞の細胞分裂がスムーズに行えず、最終的に薄毛を引き起こすことになってしまうのです。

そうならないための一番手軽な方法が栄養素を育毛サプリから摂取すること。

サプリメントの最大の利点は、


副作用がない
薬剤とくらべて安く手軽にはじめられる
時間と場所を選ばない


ということ。


「プロペシアやミノキシジルなどの内服薬を使うほど薄毛が進行していない」
「いまのうちに、手軽に薄毛対策をしながら健康的になりたい」


そんな人は、ぜひ育毛サプリを利用することをオススメします!

どんな育毛サプリを選べばいいのか?

それではどんな育毛サプリを選べばいいのでしょうか?
押さえるべきポイントは2つ。


髪の毛を成長させるための土壌を作る成分を含んでいるサプリメント


ガッチリ基礎固め系サプリ


髪の毛を成長させる栄養成分を含んでいるサプリメント


グングン生育系サプリ


育毛にとってはどちらも外せないサプリメントですが、使用する目安は、


ガッチリ基礎固め系サプリ=まだあまり薄毛が進行していない人
グングン生育系サプリ=ある程度薄毛が進行してしまっている人


と考えていただいていいでしょう。


オススメのサプリメントは次のような成分を含んだものです。


ガッチリ基礎固め系サプリ  ノコギリヤシ、イソフラボン、カプサイシン、フィーバーフューなど


グングン生育系サプリ  亜鉛、ビタミン、ミレットエキス、L-リジンなど


髪が生えるための土壌(ガッチリ基礎固め系サプリ)をしっかりと作ったあと、多くの栄養分を与えて(グングン生育系サプリ)髪が生えるための下準備をしっかりと整えておけば、薄毛克服までぐっと近づくはずです。


それでは具体的にどのようなサプリメントを飲めばいいのか、くわしく説明していますのでぜひ参考にしてください!

髪の毛の健康法③頭皮のマッサージをする

             

正しい頭皮のマッサージを行うことで血行が促進され、髪の毛が元気に育ちやすい環境を整えてあげることができます。


「最近髪の毛がごわついてきた」
「抜け毛が多く、何となく薄毛が気になってきた」


など、頭皮をめぐるトラブルは加齢とともに目立ち始めてきます。
生活習慣の乱れなどから、20代の若いうちからでも髪の悩みを訴える人も多いようです。

将来薄毛にならないために、あるいは年をとっても若くて元気な髪の毛を残したい。
でも何から始めていいかわからない・・・という人にとって頭皮マッサージはオススメの髪の健康法の1つです。

頭皮マッサージの効能は、なにも血行の促進だけではありません。


ストレスの緩和
リラクゼーション効果
育毛剤や発毛剤の浸透力を高める


など、意外と頭皮への効果は大きいようですね。

頭皮環境を良好にするというメリットもありますので、髪のトラブルを抱えている人には手軽にできる健康法の1つといえるでしょう。
美容院などでヘッドスパをやってもらう必要もなく、お金をかけないで自宅で手軽にできるのでオススメです。

マッサージの効能、やり方、ツボの押し方など別のページで詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてみてください!

髪の毛の健康法④炭酸水を使用する

             

ここ数年、炭酸水市場が大きく拡大しています。
スーパーやコンビにでも数多くの商品が並んでいるのをよく目にします。

ウィルキンソン、カナダドライ、ペリエ、サンガリア、いろはすに南アルプスの天然水・・・など、毎年新しい炭酸水が発売されていますよね。
生産量もここ10年で7倍ほども増加しており、関心の高さがうかがえます。

炭酸飲料生産量推移グラフ
                   出典:食品産業新聞社

なぜこんなにも炭酸水市場が急拡大してきたのでしょうか?

大きな理由のひとつは、2009年を境に目立ち始めたハイボールブームの影響といわれています。
手軽に安く、さっぱりと飲めるお酒として若者を中心に支持を集め、今でも居酒屋などに行けば必ずメニューにありますよね。

さらに、健康志向の高まりとともに炭酸水が美容やダイエットにも効果的であると認知され、若者だけでなく中高年の方にも人気に火がつきました。
現在では、無糖炭酸水の1人あたりの購入者は、50代男性が最も多いという統計データがあるくらいです。

 

炭酸水は薄毛にも効果がある?!

             
炭酸水

よく知られている炭酸水の効果は次の3つです。


ダイエット効果

炭酸水の刺激によって腸が活発になり、便秘が改善されるようになります。
便秘が改善されて腸が正常に働くようになると、腸にたまった老廃物によって低下していた新陳代謝が促されて、ダイエットにも効果を発揮してくれます。

また炭酸水は胃を膨らませることで満腹感を得られ、食べすぎを防ぐこともできます。
食前や食中に炭酸水を飲むことで、ダイエットにもより役に立つでしょう。

ただし、逆流性食堂炎の人や過敏性腸症候群の人、胃潰瘍の人は炭酸水の利用にあまり適していないので、避けたほうがいいでしょう。


デトックス効果

炭酸水の気泡によって肌の毛穴などにつまった汚れを取のぞく効果があります。

炭酸水で顔を洗う、または炭酸入浴剤を利用することで、古い角質や酸化して蓄積された汚れを落としてくれるので美肌、美容、デトックス効果が期待されます。
肌の脂分などもさっぱりと取り除いてくれるので、ニキビ予防効果などもあることが知られています。


血行促進効果

炭酸ガスの刺激によって、血行が促進され、血流も良くなります。
炭酸入りのシャンプーを利用することで、普段落としきれない汚れを落としてくれ、頭皮環境が良好になることが期待されます。それによって、髪の毛にツヤが出てサラサラにしてくれるのです。

また炭酸水を内側から取り入れることでも血行促進効果がうまれます。
つまり体内に炭酸ガス(=二酸化炭素)を取り込むことで、一時的に「二酸化炭素>酸素」の状態になり、体はより多くの酸素を血管から全身に運ぼうと作用します。

より多くの酸素を運ぶために血管を拡張させ、その結果血流もよくなって血行が促進されるのです。
血行が促進されれば、酸素とともに栄養分も全身に行きわたるようになり、当然頭皮にも多くの栄養分が運ばれることになります

それが抜け毛や脱毛を回避させ、丈夫な毛を育てる土壌が整えられるというわけです。

髪の毛の健康法⑤シャンプーをしすぎない

一番手軽にできるスカルプケアのひとつがシャンプーです。
育毛シャンプーで実際に「毛が生えてくる」のを期待するのはなかなか難しいですが、少なくとも、


頭皮環境を整え、抜け毛を減らして元気で丈夫な髪の毛を生えてくる準備をする


だけの効果はあるといっていいでしょう。

でもここで、毎日どのようにシャンプーをしているのか思い出してみてください。

爪を立ててゴシゴシ洗っていませんか?
サッパリ爽快になるからといって、中途半端にシャンプーを洗い流していませんか?

これらはすべて頭皮にとってはNGです。
そのときはサッパリして気持ち良くても、長期的にみたら薄毛になるための道を自ら選んで進んでいるようなものです。


■ 爪をたてず、指の腹でやさしく揉みほぐすように洗う。

■ シャンプーの洗い残しがないようにしっかりとシャワーで流す。

■ タオルドライは力を入れすぎず、ドライヤーを使って乾かす。


正しい髪の洗い方を実践して最適な状態を常に保てば、日頃の予防が髪の毛を育てる最適な土壌を作るのに役立ち、結果的に抜け毛が減り、育毛剤や内服薬などの治療薬が十分に効果を発揮させることができるのです。

シャンプーだけでなく、生活習慣の改善、良好な頭皮環境の保全、育毛剤の正しい使用法、内服薬の毎日の服用などが“豊かな頭髪”への一歩になるということを、もう一度確認しておいてください。

               

髪の毛の健康は体の健康の重要なバロメーター

髪の健康は体の健康のバロメーターとよくいわれます。

シャワーや入浴などで、必ず毎日触れる髪の毛。
髪の毛を毎日意識的に触れることで、「あれ?」と小さな変化に気付くこともあるでしょう。


 いつもよりなんとなくツヤがない
 ひっぱるとすぐに切れてしまう
 髪の毛が細くなった
 髪の毛にコシがなく、柔らかくなった


いつもとは違う「あれ?」というシグナルにどれだけ早く気付けるか。
それが薄毛改善への分かれ道になります。

手遅れになるまえに早めに対策を施し、毎日欠かさずに予防をすれば、多くの初期段階の薄毛は“致命傷”になるまえに踏みとどまらせることができます。

どうせ遺伝だから・・・と簡単にあきらめないでください。
薄毛が必ず遺伝するわけではなく、遺伝していても薄毛を改善することは十分に可能なのです
遺伝と思っていた薄毛が、実は生活習慣の乱れやストレス、睡眠不足などに起因する場合も間々見られるものです。

手遅れになって後悔しないためにも、毎日のセルフチェックをおこたらず、髪の健康のために一緒にがんばりましょう!