髪の毛を増やす効果的な方法はある!

ズバリ!髪の毛を増やす方法とは?

髪の毛を増やす方法

私自身、「髪の毛が薄くなった(ハゲてしまった)」とはっきり自覚して以来、思っていたことは、


「なるべく早く髪の毛を増やしたい!」


ということでした。

「なんとなく見られている気がする」
「雨に濡れたとき、地肌が透けているかもしれない」

そう考えるとストレスになります。

ストレスは薄毛にとって大敵であることは知っていましたから、なるべく早く改善させたい、と考えるのも当然ですよね。


薄毛を改善するのにまず考えたのが次の2点です。


育毛剤や発毛剤など自分で手軽に治す

それでダメなら薄毛専門の病院で治療する


今やドラッグストアやネット通販で育毛剤や薄毛治療薬が簡単に手に入る時代ですから、「安く簡単に」治せるものなら治したいと誰もが考えるはずです。

そこで手軽に簡単にできる薄毛改善方法から病院での薄毛治療まで、代表的な薄毛対策を紹介したいと思います。

「髪の毛を増やしたい」と本気で考えているなら、きっと参考になると思いますよ!

つけて増やす

育毛剤をつける

いちばん手軽に薄毛対策ができる方法といえば、頭皮につけて治す育毛剤発毛剤でしょう。
育毛剤も発毛剤もドラッグストアで売られているので、薄毛に気づきはじめた初期段階でもあまり抵抗なく手に取りやすいですよね。

かくいう私も、最初に薄毛対策をしたのが近所のドラッグストアで購入した育毛剤でした。
しかし残念ながら、相性が悪かったのかあまり効き目が実感できず・・・。
その後、ネット通販でとある商品を手に入れたのが幸運の始まりでした。

たまたま買った育毛剤が、私の寂しい不毛な頭皮に豊かな髪の毛を実らせてくれたのです!


薄毛の状態やタイプ、もともと持っている体質によって、効果の出る人と効果の出にくい人がいるのは当然です


これは薄毛用の塗り薬に限らず、風邪薬や医師からもらう処方箋でも人によって効果の大きさは違いますよね。

でも効果が出た以上、オススメしたくなるものです。


ただし、育毛剤にしろ発毛剤にしろ即効性があるものではありません
使い続けることによってだんだん効果を発揮してくるものですので、「すぐにでも髪の毛を増やしたい!」という方にはオススメしません。

長い眼で見て髪の毛を増やしていこう、という余裕のある方はぜひ試してみてください。
内服薬にくらべて副作用も強くでることも少ないですので、気軽に始められる薄毛対策のひとつです。


飲んで増やす

薬を飲む

内服薬も塗り薬と同じように種類が豊富にありますが、大きく3種類に分けることができます。


  • プロペシア
  • ミノキシジル
  • ザガーロ

  • これらは成分の違いによって分類されていますが、成分が違えば効果も副作用も違います。

    抜け毛を防ぐ効果のあるもの、髪を成長させる効果のあるもの、効果は弱いが副作用もあまりないもの、逆に効果は強く出るがその分、副作用も強く出るものなど様々です。


    それはどのようなタイプの薄毛なのか、どこまで進行しているのか、すぐに生やしたいのか、長い眼で見て気長に生やしていくのか、持病はあるのかないのかなど、人によって選択する薬は違ってきます。


    薄毛の症状に合っていない、あるいは体質に合っていない治療薬を選んでも効果はあまり期待できませんので、


    どの薬を選ぶのか


    ということをじっくりと検討する必要があります。



    植えて増やす

    植毛

    内服薬や外用薬では、どうしても発毛するのに時間がかかってしまう・・・

    なるべく早く髪の毛を増やしたい・・・


    など、植毛する人の気持ちはそれぞれ違います。

                     

    しかし共通しているのは、


    「髪の毛を確実に増やしたい!」


    という切実な思いです。

    もう薄毛を気にしながら生活していくのは嫌だ。

    そんな思いの強さは、痛いほど分かります。

    私も薄毛に悩んで、治療薬をいろいろ試してみてもなかなか発毛の実感が得られなかったとき、植毛しようかどうか相当悩んだ時期がありました。

    結局、経済的な問題やチキンなため踏ん切りがつかなかったこともあって植毛した経験はありません。
    しかし、同じ薄毛仲間の中に植毛を経験した人が何人かいるのでいろいろな話を聞かせてもらいました。


    「植毛しても抜けないの?」
    「植毛すればAGAは治るの?」
    「手術の費用はいくらぐらいかかるの?」
    「植毛のケア方法は?」


    など、植毛を考えたことがある人なら一度は疑問に思ったことがあるでしょう。


    自毛植毛と人工植毛の違いは?


    といった素朴な疑問まで、植毛のページでわかりやすく解説しましたのでぜひ、参考にしてみてください!

    その他の方法で増やす

    医師・カルテ

    比較的新しい薄毛治療法としてハーグ療法があります。

    ハーグ療法を受ける人の半数は、すでに何らかの薄毛治療を経験したことがあるようです。

    思うように髪の毛が増えず、抜け毛も相変わらず多い・・・
    そんな人がいわば、“駆け込み寺”のように救いを求めて治療を受けることが多いようです。

    「すぐに髪の毛が生える」
    「発毛率がきわめて高い」
    「副作用がない

    などとも言われているため、薄毛を解決したい人が駆け込むのもうなずけます。
    これは頭皮に注射することによって毛母細胞に直接働きかけ、発毛する力を与えてあげます。

    しかし、


    「実際効果はどの程度あるの?」
    「治療費はどれくらいかかるの?」


    など分からない点も多くあるでしょう。
    そういった不明な点を一つ一つ明らかにしていきましょう!


    そしてもう1つがメソセラピーという治療法です。
    これもハーグ療法と同じで、頭皮に直接有効成分を注射することによって細胞の活性化を促します。

    治療方法が似ているためどっちがどっちか混乱してしまいますが、違いは明解で「注入する成分」だけです。


    以前はハーグ療法では「成長因子」(グロースファクター)が入っており、メソセラピーでは入っていませんでしたが、現在ではメソセラピーにも「成長因子」を入れている病院も多いようなので、その違いは曖昧になってきているのが現状のようです。


    注入する成分は病院によって違いますので、その分値段や効果などにも差が出てきます。
    治療後に後悔しないためにも、事前にしっかりとカウンセリングを受けて確認しておくことが大事になってきます。

    ページトップ